婚約指輪は用意しないけど、結婚指輪はぜひとも欲しいと考えるカップルが多い様です。

左手の薬指にはめることで結婚したという証になり、第三者からもそして自分自身も結婚したという意識が高まりますよね。

そんな大切な結婚指輪ですが、大体予算はどれくらい用意するものなのでしょうか?

結婚指輪といっても実はその購入金額は様々で、一体いくらくらい出せば良いのだろう?と迷ってしまう人もいるとおもいます。

そんな時は結婚情報サイトなどに掲載されている価格ランキングをチェックしてみましょう。

おおよその相場を把握することができます。

結婚指輪は男性と女性のをペアで購入するのですが、男性用と女性用では価格が異なります。

全く同じデザインであれば男性の方が高くなりますが、女性が宝石などがあしらわれたデザインを選んだ場合は、男性用の指輪よりも高価になります。

ランキングをみると、男性側は10万円台、7万円台、5万円台、8万円台という順位、女性側は10万円台、7万円台、8万円台、9万円台・・・と、若干女性の相場の方が高くなっています。

海外ブランドの結婚指輪を選んだ場合は、男女とも20万円近くになることも多くあります。

ただし、価格だけで判断することではなく、品質やアフターケアなどのことも踏まえて最終的に価格相場がこの様になっていると考えられます。

結婚指輪の予算のことで迷った時は、価格ランキングをチェックして、購入者のレビューなどを参考にしてみるといいでしょう。

▼役立ちLINK–>>結婚にかかる費用と離婚率の関係を調査 婚約指輪が高いと… – Peachy – ライブドアニュース